【八工研】強度試験手数料の改定について【2019年度】

2019年10月1日

強度試験手数料を改定いたしました。

1.引張・曲げ試験

2019年度10月より

引張・曲げ・圧縮

の各試験

断面積が707mm2(直径30㎜)以下のもの

1試験1件につき 1,900円

断面積が707mm2(直径30㎜)を超えるもの

1試験1件につき 2,900円

引張試験において、降伏強度、伸び、絞り、その他特別な試験を行うもの(1試験体1件につき本金額を加算)

1試験1件につき 1,050円

曲げ試験において、溶接の曲げ判定を行うもの

(1試験体1件につき本金額を加算)

1試験1件につき 1,050円

手数料の例

➀引張試験で最大荷重のみを求めるもの(圧接異形棒鋼、フレア溶接試験、突き合わせ溶接など)

 は1試験1件につき1,900円または2,900円

②引張試験で降伏点、伸び、絞り等の測定が必要なもの(異形棒鋼、14号試験片などで伸びを測定するものなど)

 は1試験1件につき1,900円または2,900円に1,050円加算

 (ex:異形棒鋼D25で引張・降伏強度、伸びを測定する場合:1,900円+1,050円=2,950円/本)

③曲げ試験で曲げ判定を行うもの(突合せ溶接など)

 は1試験1件につき1,900円または2,900円に1,050円加算

 (ex:ボイラー溶接士の突合せ溶接の曲げ試験:1,900円+1,050円=2,950円/本×2(表・裏)=5,900円)

2.衝撃試験について

 JIS規格改定(猶予期間終了)により当所試験機では対応出来なくなりました。

 

宜しくお願いいたします。

 

関連ワード

お問い合わせ

工業部門 八戸工業研究所 技術支援部
高柳
電話:0178-21-2100
ファクシミリ:0178-21-2101
このページの
先頭へ戻る